浄水器とウォーターサーバーの比較

浄水器と水は密接な関係にあって、浄水器は水道の水を浄水して、飲料に適した水にする機械のことです。浄水器にはいろいろな種類があります。
その中の1つの活性炭方式の浄水器とは、木材や石炭や椰子などを高熱で蒸し焼きにした炭で、微細な穴がたくさん開いていて、その無数の穴にカルキ臭などが吸収するタイプの浄水器です。それに対して、中空糸膜、活性炭方式の浄水器は、中空糸膜は細いストローを束ねたような繊維で、最初に活性炭を通って中空糸膜でろ過するといった仕組みの浄水器です。セラミック、活性炭方式の浄水器は、セラミックは陶器と同じような素材で、表面に無数の穴が開いているもので、活性炭と同じような効果で汚れや臭いを除いてくれるものです。逆浸透膜、活性炭方式の浄水器は、逆浸透膜は中空間膜の穴よりもさらに細かい微細な穴を持っている膜で、水の分子だけを通すものです。そのためにカビ臭さやサビやトリハロメタンなどの汚染物質にも効果があります。
このように浄水器と言ってもその種類はいろいろあって、浄水する方法も様々です。浄水器ごとに汚染物質の効果が異なっていて、その効果が高ければ高いほど浄水器の値段は高価なものになります。
浄水器に対してウォーターサーバーは、はじめから安全性の高い水がボトルに入って届けられるので、常に安全な新しいきれいな水を飲むことができるようになっています。その上、今では価格もかなり安いものが各メーカーからたくさん販売されているのでおすすめとなっています。

注目コンテンツ

banner 軟水と硬水

詳細はコチラ

banner 天然水

詳細はコチラ

banner 海洋深層水

詳細はコチラ

Copyright(c) 2011 ぶっちゃけちゃってウォーターサーバーの水ってどうなの?. All Rights Reserved.