アルカリイオン水

最近市場でよく見かけるようになったアルカリイオン水ですが、アルカリイオン水とは一体どういう水なのでしょう?
水を電気分解するとマイナスの電極に触れている水が水素となりますが、アルカリイオン水とは、その電極の周囲の水が水素イオンを含むアルカリ性になる性質を利用して作られるものです。その時プラスの電極では、酸素と酸素イオンを含む酸性の水が作られます。アルカリイオン水の原水となる水は、天然水や水道水が使われるのですが、その原水にはミネラル分が溶け込んでいます。これを電気分解すると、マイナスの電極側にはカルシウムイオン、マグネシウムイオン、ナトリウムイオンなどの陽イオンが集まって、塩化物イオンや炭酸イオンや硝酸イオンなどの陰イオンはプラスの電極側に集まります。したがって、アルカリイオン水には原水のミネラルがたくさん含まれています。
アルカリイオン水を生成する時に作られる酸性水の酸性度は、生成するアルカリイオン水のアルカリ度によって関係してきますが、その場合アルカリ度の強いアルカリイオン水を生成する時に作られる酸性水の酸性度は強いものになります。この酸性水は飲む水には適さないのですが、洗顔などに利用するとピーリング効果が期待できる水なので、利用性は高いものとなります。特にこの酸性水をお風呂の水に使用すると、お肌をツルツルにする効果があり、酸性水もいろいろな利用方法が考えられることになります。

注目コンテンツ

banner 軟水と硬水

詳細はコチラ

banner 天然水

詳細はコチラ

banner 海洋深層水

詳細はコチラ

Copyright(c) 2011 ぶっちゃけちゃってウォーターサーバーの水ってどうなの?. All Rights Reserved.