海洋深層水

海洋深層水とは、深海で陸棚外縁部よりも深いところになる海水の総称のことです。海洋深層水とは、一般的には光合成に必要である太陽が届かない水深約200m以深で、水温が急に冷たくなっている層にある海水のことです。海洋深層水は、温められた海水と混ざっていない下に潜り込んだ水だけの層になります。
世界ではじめて海洋深層水が採水されたのが、1920年代の後半から1930年代のはじめにかけて、フランスの科学者によってキューバで行われた海洋温度差発電実験だと言われています。その後は、産業資源として広い範囲の分野で利用研究がはじめられたのが1981年のハワイが最初だと言われていて、日本でも1989年には室戸市に最初の海洋深層水研究所が建設されて、海洋深層水の基本的な特性の基礎研究が行われて、さらにアトピー性皮膚炎治療の臨床応用研究も行われて、一定の研究成果も得られました。
海洋深層水の特性として、海水には必須微量元素やいろいろなミネラルがバランスよく含まれていて、さらに海洋汚染の少ない深海で地球規模の長い時間を過ごした海洋深層水は、生命活動には欠かすことのできない無機栄養塩が多く含まれています。陸水や大気からの科学物質の汚染にさらされる機会が少なかったことも特徴で、水圧30気圧以上で長い年月を経て熟成された海水なので、多くの有益な価値を秘めている海洋資源としても注目されているのが海洋深層水です。

注目コンテンツ

banner 軟水と硬水

詳細はコチラ

banner 天然水

詳細はコチラ

banner 海洋深層水

詳細はコチラ

Copyright(c) 2011 ぶっちゃけちゃってウォーターサーバーの水ってどうなの?. All Rights Reserved.