天然水

私達が飲料水と飲んでいる水には、一般的に分ければ水道水と天然水があります。天然水とは、自然によってろ過されて何年もかけて作られた水のことで、ミネラルを豊富に含んでいる水のことです。天然水はその名前の通りに天然成分が豊富で、水によっては甘いものもあり、水道水のようなカルキ臭さがないという新鮮なところが非常に特徴的で、今では多くの人に飲料水として飲まれています。
現在日本で販売されている天然水は500種類以上もあると言われていて、それぞれの天然水で製造方法や水の中に含まれる成分が異なっています。よく違いが分からないと言われる天然水とミネラルウォーターの違いとは、自然によってろ過された水が天然水で、人の手によって加工されたデザインウォーターがミネラルウォーターです。しかしミネラルウォーターも天然水から作られている場合が多く、天然水も人工で加工されているものが多いので、はっきりとした区別がなかなかつかないのが現状です。しかし天然水は自然から採られたものなので、ミネラルウォーターでも天然水と表記していればどちらにせよ天然水ということになります。
日本では山梨県が最も天然水が採水されている場所で、市販されている天然水の多くは山梨の天然水です。山梨県で天然水が多く採水される理由は、富士山があるということだけではなく、自然が豊富だということになります。

注目コンテンツ

banner 軟水と硬水

詳細はコチラ

banner 天然水

詳細はコチラ

banner 海洋深層水

詳細はコチラ

Copyright(c) 2011 ぶっちゃけちゃってウォーターサーバーの水ってどうなの?. All Rights Reserved.