軟水と硬水

最近ではミネラルウォーターが一般の飲料水として飲まれているのが目立ちますが、そのミネラルウォーターには、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が含まれています。この量を現す時に使われるのが硬度というもので、この硬度を基準として、一定の基準よりも高いものが硬水で、その反対で一定の基準よりも低いものを軟水と言います。
世界の中では硬度を現す方法は異なっていますが、日本やアメリカでは、カルシウムとマグネシウムの量を炭酸カルシウム量に置き換えたものを硬度としていて、水1リットル当たり1mgを1度としています。硬度を現す計算式は、硬度[mg /?] =(カルシウム量[mg /? ]×2.5)+(マグネシウム量[mg /? ]×4)となって、自分で計算する場合は、市販のミネラルウォーターには必ずカルシウムとマグネシウムの量が表示されているので、上記の計算式に当てはめて計算すればすぐにその水の硬度が分かります。
軟水と硬水の区分けは、WHOの基準で見れば、0〜60mg/?が軟水で、120〜180mg/?が硬水になっています。その間は中程度の軟水、または中硬水と呼ばれています。軟水は料理をする時や日本茶やコーヒーやウイスキーなどの香りを引き出す効果があると言われていて、赤ちゃんには硬水は厳禁となっています。硬水はスポーツ後のミネラル補給や便秘解消に効果的だと言われていて、それぞれの水は用途によって選んで使うことが大切です。

注目コンテンツ

banner 軟水と硬水

詳細はコチラ

banner 天然水

詳細はコチラ

banner 海洋深層水

詳細はコチラ

Copyright(c) 2011 ぶっちゃけちゃってウォーターサーバーの水ってどうなの?. All Rights Reserved.